Menu

書類審査に勝つ

フィルム

写りを考えた工夫

有名な芸能プロダクションは、多くの芸能人志望者達がオーディションを受けます。こうしたプロダクションに所属するためにはまず書類審査に勝ち残る必要があるのです。オーディション前の書類審査で最も重要になるのは写真です。写真は数枚で他の人とは違う自分の魅力を伝えなければならないため、現地で行うオーディションよりも気を配る必要があるものです。特に普段から自分の写真うつりが悪いと感じている方は、撮影前に必要な知識を理解しておきましょう。オーディションのために送る必要がある写真はバストアップと全身像の二種類です。どちらも過度に着飾っていたり派手だとそれだけで落とされてしまいますので、ごくシンプルな格好で撮影しましょう。オーディションでは素材の良さをチェックされるため、メイクや服装は審査員によって不要な要素なのです。同様に変顔をしていたり表情をつけすぎている写真も当人の魅力が分からないため落ちやすくなってしまいますから、注意しましょう。写真うつりが気になる方が注意したいことと言えば照明です。暗い場所では必然的に顔色が悪くなりますので、上下左右から照明が当たる場所で撮影するだけで写りの印象が変化するでしょう。自らオーディション写真を撮る時は電気だけでなく自然光やレフ版を取り入れてみましょう。また背景の印象によって表情や体形の写り方も変わりますので、できるだけ白一色の壁を背に撮影します。こうした写真は顔に角度をつけず、正面を向いたポーズで撮るのが一般的です。